GO GBコラム

事前キャンプを知ろう

「GOGB2020 TEAM GB パネル展」

横浜市では、英国の事前キャンプ地「横浜国際プール」のある都筑区で活動する「つづきジュニア編集局」の皆さんに、「英国を知る」ためのレポートを書いていただいています!
今回は、都筑区総合庁舎で行われたGO GB 2020 Team GBパネル展の様子を、取材してくれました。
それでは、ジュニア記者による取材レポートをお楽しみください。

都筑区にある横浜国際プールでは東京オリンピック・パラリンピックのイギリスの水泳選手の事前キャンプが行われました。オリンピック・パラリンピック終了後の10月に都筑区総合庁舎1階の区民ホールで「GOGB2020 TEAM GB パネル展」が行われたので取材をしてきました。

区民ホールにはキャンプ地や競技会場、選手村で使われたり、飾られたりしたフラッグやソファーなどが展示されていました。市民局の方に解説してもらい、その展示品フラッグやソファーはイギリスから持ち込まれたことを知りました。選手のみなさんが気分を高めるために持ち込まれたのでしょうか。イギリス国旗のラグはかっこよかったです。

他にも今回のオリンピック・パラリンピックでの競技写真やユニフォームも展示されていて夏の感動がよみがえりました。

これらの展示品は、日本大通りにある都市発展記念館に保存されると聞いて、大事にされることがわかり、安心しました。コロナ禍で選手と直接会えなかったのが残念でしたが、実際に使用されたものが見られたのでうれしかったです。

つづきジュニア編集局って?
つづきジュニア編集局は、横浜開港150周年・都筑区制15周年の節目にあたる2009年に都筑区の記念事業として始まりました。
今では、都筑区だけでなく横浜市全体に目を向け、小学5年生から高校生のジュニア記者が、子どもの目線と力をフルにいかして 取材に行き、記事を書いています。