ニュース&イベント

【横浜市イベントレポート】2019世界トライアスロンシリーズ横浜大会・世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会 英国トライアスロンチーム・パラトライアスロンチームとの交流 

今年も5月18日(土)、19日(日)に2019ITU世界トライアスロンシリーズ・パラトライアスロンシリーズ横浜大会が開催されました。
大会前日の5月17日(金)に、英国トライアスロンチーム・パラトライアスロンチーム17人と横浜市立本町小学校5年生30人の児童の皆さんとの交流プログラムを実施しました。
交流会会場では、本町小学校の児童の皆さんが「GO GB」の旗を振って英国選手をお迎えしました交流会のスタートです。

はじめにITU事務局長からごあいさつ

5つのグループに分かれて積極的に質問を投げかけていました。

英国チーム自己紹介ののち、5つのグループに分かれて生徒たちの自己紹介。英語でチャレンジする児童も多く選手も熱心に耳を傾けてくれました。
児童から選手への質問では、「競技を終えた時はどんな気持ち?」「もし、自転車がこわれちゃったら、どうする?」「トライアスロンをはじめたきっかけは?」「3種目(水泳・自転車ロードレース・長距離走)の中で、いちばん大変な種目は?」 など質問が飛び交い、選手の皆さんの答えを真剣にメモを取っていました。

優しく答える英国選手

また、選手たちにお気に入りの応援フレーズを教えてもらい、各グループごとに発表!「GO GB!」「Come on!」「Let’s Go GB!」「ICE (S)

CREAM!」などグループごとにまとめた内容を児童の皆さんは立派に発表してくれました。

最後に、四季の森小学校の児童の協力で作成してくれた花の写し絵カードに、児童が英国チームあてにカードにメッセージを書いてプレゼント。

児童のメッセージカードをプレゼント!

更に本町小学校の児童から、歌と踊りと応援のプレゼントに英国選手の皆さんは大喜びでした。そして、レース前の緊張がほぐれた選手等全員で記念写真を撮って、ハイタッチで選手たちを送り出しました。

児童全員で英国チームの皆さんに歌とダンスでエールを贈りました

最後はハイタッチでお見送り。