ニュース&イベント

【川崎市イベント】市立さくら小学校で英国交流イベントを開催しました

英国について学んで、英国代表チームを応援しよう!

川崎市では、10月31日(木)川崎区にある市立さくら小学校で、駐日英国大使館オリンピック・パラリンピック参事官のグレッグ・マルハーンさんをゲストにお招きして、4年生児童との交流事業を実施しました。

まずは、マルハーンさんから、英国に関するクイズを出していただき、英国発祥のスポーツ(サッカー、ラグビー、ホッケー)や、英国の首都ロンドンではこれまでに3回(1908年、1948年、2012年)夏季オリンピック・パラリンピック大会が行われていることを学びました。さらに、英国と日本の小学校の違いや、マルハーンさんがお勤めの大使館の仕事についても教えていただきました。

ラグビーワールドカップ2019で、英国がさらに身近に

この日は、ラグビーワールドカップ2019の決勝戦を週末に控えていたこともあり、ラグビーについても話題が及びました。「英国には、いくつラグビーチームがあるでしょう」という質問に対して、児童たちは少し悩んだ様子ながら、見事4つのチーム(イングランド、ウェールズ、アイルランド、スコットランド)を言い当てました。

英国について教えていただいた後、児童たちによる「フラッグソーラン」と「島人ぬ宝」の歌と踊りが披露されました。この日のために一生懸命練習した成果が熱気となって伝わってきました。

給食には人気No.1の味噌ラーメン&唐揚げ

交流会の後、みんなで給食をいただきました。さくら小学校創立10周年記念の献立は、児童たちに大人気の味噌ラーメンと唐揚げ、そして湘南ゴールドのゼリーでした。炭水化物を補うために小さなシソおにぎりもついています。

「英国の小学校には給食がないので、みんなサンドイッチなどの軽食を持って学校へ行きます」とマルハーンさんから教えていただきました。