ニュース&イベント

【横浜市】英国パラトライアスロンチームからのメッセージが届きました! ~英国と横浜 映像でつながる絆~

5月15日(土)、16日(日)に2021ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会が、徹底した新型コロナウイルスの感染防止対策のもと、2年振りに無観客で開催されました。
横浜市は、英国の事前キャンプ地・ホストタウンとして、2018年より横浜大会に出場する英国トライアスロン、パラトライアスロンチームと市内小学校との交流を行ってきましたが、今回は残念ながら直接の交流は実現しませんでした。

そこで、少しでも応援の気持ちを伝えるべく、市民の皆様にご協力いただき製作した、「Yokohama, Friends of Great Britain! Photo応援メッセージ」を英国トライアスロンチームへ映像をお届けしたところ、とても喜んでいただきました!
さらに、横浜大会に出場した英国パラトライアスロンチームのコーチと、見事メダルを獲得した選手よりお礼のビデオメッセージをいただきましたのでご覧ください。

【Youtube 横浜市東京2020関連情報公式チャンネル】
・GOGBトライアスロンチームからのメッセージ動画は次のYouTube URLよりご覧ください(英語)。*冒頭録音状況により、音声が小さくなっております。ご了承ください。
https://youtu.be/3zpxlHcKTrc

映像の参考和訳は以下のとおりです。
↓↓↓↓↓
[Jonathan Riall] ジョナサン・ライアル コーチ

こんにちは!ジョナサン・ライアルです。英国パラトライアスロンのヘッドコーチをしています。 横浜市の皆さま、また英国パラリンピックムーブメントと英国パラリンピックチーム、とりわけ毎年ここ横浜を訪れるトライアスロンチームをサポートしてくださる横浜の皆さまに深く感謝いたします。
我々は、2014年以来、毎年この地を訪れており、もちろんここが大好きです。今日は、ジョージとマイケルがレースに参加し、大変喜ばしいことに、両名とも非常に素晴らしいレースを行い、ジョージが優勝、マイケルが2位という結果になりました。皆さまにサポートいただくことはいつも喜ばしく、また、横浜に戻ってこられることも、いつも嬉しく思います。8月にまた戻ってこられるよう願っており、もちろん来年も同様で、皆さまに直接お会いできることを願っております。
本当にありがとうございました。また近いうちに会いましょう。

[Michael Taylor] マイケル・テーラー 選手

皆さんこんにちは。マイケル・テイラーです。英国から来ました、パラトライアスロン選
手です。
今回、このような素晴らしい大会にお招きいただき、横浜市にお礼を申し上げます。この大会は非常に素晴らしいもので、皆さまからのとても温かい歓迎の気持ちを感じることができ、十分楽しむことができました。
また、お陰様で、いただいた応援メッセージ動画でモチベーションを維持することが出来ました。そして結果、銀メダルを獲得しました。本当にありがとうございます。また近い将来、戻ってこられることを願っています。

[George Peasgood] ジョージ・ピースグッド 選手

今週送っていただきました応援メッセージ動画ですが、横浜市の皆さんに深く感謝します。動画は本当に感動的で今回の試合に臨む上で、とても勇気づけられました。また、ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会を開催してくださったことに深く感謝いたします。競技が再開できることは非常に喜ばしく、とても素晴らしい雰囲気の中で行われました。僕もレースを非常に楽しむことができました。本当にありがとうございました。