ニュース&イベント

【横浜英国プレ事前キャンプレポート・第1弾!】横浜国際プールで英国水泳代表チームのプレ事前キャンプが行われました!

2019年7月8日(月)~16日(火)に、2019年世界水泳選手権(7/12~28に韓国・光州で開催)に向けた英国水泳代表チームのプレ事前キャンプが横浜国際プール(横浜市・都筑区)で行われました。

英国代表チームは総勢56人が来日(選手30人・スタッフ26人)。ボランティアとして、総勢33人の方々にお手伝いいただき、9日間に渡り英国選手の皆さんのトレーニングをサポートしました。

7月8日(月)、キャンプ初日の朝は、近隣小学校の児童の皆さんが「GO GB」の旗などを手に、チームの皆さんをお出迎え。選手もスタッフも、子どもたちの歓迎ぶりに、思わず笑みがこぼれ、初日のトレーニングに向け、国際プールへと入っていきました。

近隣小学校児童の皆さん、およそ370名でお出迎え

横浜国際プールでは、選手たちの活躍を願って、英国チームが主に使用するメインプールを中心に、英国旗や応援旗、児童有志によるガラスアートなどで装飾。沢山の英国旗やGO GBのメッセージで応援を伝えました。


メインプール装飾の一部

キャンプ期間中には、地元の子どもたち向けに公開練習なども実施したほか、トレーニングの合間には、英国チームの皆さんに少しでも日本文化を体験していただこうと、着付け、書道、折り紙など日本文化を体験できるプログラムを用意しました。


英国代表チームのトレーニングの様子

公開練習の様子

選手たちが着物に挑戦!

キャンプ最終日には、子どもたちによる歓送セレモニーを実施しました。子どもたちからはリコーダー演奏をプレゼントするなど、キャンプ後に世界水泳に挑む選手たちにエールを送りました。選手はもちろん、スタッフの方々も終始リラックスした様子で、横浜での9日間の事前キャンプを終え、韓国・光州で行われる世界水泳2019へいざ出発!

歓送セレモニーの様子

英国チームからのお礼のメッセージ

後日行われた世界水泳大会では、リオ2016大会の金メダリスト、アダム・ピーティー選手が、得意の平泳ぎで世界新記録をマークするなど英国チームは活躍し、獲得したメダル数は合計7個(金・3個/銀・1個/銅・3個)!

2020年に向け、多くの収穫のあるプレ事前キャンプとなりました。

第2弾では、公開練習の詳細についてお伝えします!