ニュース&イベント

東京2020オリンピック・パラリンピック英国事前キャンプに向けて 英国オリンピック・パラリンピック代表チーム団長がコメントを発表

横浜市・川崎市・慶應義塾大学で行われる英国代表チームの事前キャンプに向けて、英国オリンピック代表チーム団長のマーク・イングランド氏、英国パラリンピック代表チーム団長のペニー・ブリスコー氏がコメントを発表しました。

英国代表チームの皆様が、大会で最高のパフォーマンスを発揮していただけるよう、横浜市・川崎市・慶應義塾大学で連携し、感染症対策を徹底して事前キャンプを運営します。

英国オリンピック委員会 参考和訳

東京2020オリンピック英国代表チーム選手団長、マーク・イングランド (Mark England) 氏からのコメントです。

「大切なパートナーである横浜市・川崎市・慶應義塾大学のご支援のおかげで、オリンピック開催前に英国代表チームの選手にとって重要な事前キャンプを実施できることになり、心より御礼申し上げます。」

「私たちは市民、選手、選手団の健康と安全を最優先に考えております。また、私たちはこの後訪日しますが、全員の安全を守るために事前キャンプ関係者の皆様が準備を重ねてこられたことに感謝いたします。」

東京2020組織委員会と日本政府によって共同製作された東京2020大会の公式「プレイブック」と「ホストタウン等における選手等受入れマニュアル」 (内閣官房)に基づいて、新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、英国との協力のもと、安全・安心な事前キャンプを運営します。オリンピック・パラリンピック英国代表チームと市民の全員の健康と安全を守るため、「プレイブック」等に基づいて、次のとおり新型コロナウイルス感染症対策を徹底します。

① 選手団の出入国時における感染症対策

  • 入国前に14日間の自己隔離を実施し、新型コロナウイルス検査を計5回実施する。陰性結果証明書を取得し、検疫または入国審査時に提出する。
  • 入国前に14日間の健康観察を実施し、その記録を提出する。
  • 空港到着時、新型コロナウイルス検査を受ける (検査結果が判明するまで専用の場所で待機する)。

② 事前キャンプ期間中の感染症対策

a. スクリーニング検査 – キャンプ地に滞在している選手等は、事前キャンプ期間中を通じて毎日スクリーニング検査を受ける。

b. 選手団の行動管理 – 選手等の移動は、宿泊施設と練習会場などの用務先の往復のみに限定する。

c.  市民との接触を避けるための対策 – 選手等の移動には、公共交通機関ではなく専用車両を使用する。他の宿泊客との接触を避けるため、チームの宿泊フロアや動線を分離する。食事は専用の食事室のみで行う。

③ ホストタウン関係者の感染症対策

ホストタウンの事前キャンプに従事する市職員、宿泊施設や練習会場の関係者は、ワクチン接種を受け (任意)、従事前に14日間の健康観察を実施する (毎日の検温を含む)。接触の度合いに応じて、定期的にスクリーニング検査を受ける。

以上

英国パラリンピック委員会 参考和訳

東京2020パラリンピック英国選手団長、ペニー・ブリスコー(Penny Briscoe)氏からのコメントです。

「選手の事前キャンプを運営するため、パートナーである横浜市・川崎市・慶應義塾大学と緊密に連携・協力してきました。また、英国と日本のチーム全体で、選手団や市民の健康と安全を最優先に考え、入念な計画を立ててきました。」

「『プレイブック』に基づき、チーム全員の安全を守るために、検査を含むさまざまな感染症対策を徹底します。パートナーの皆様との緊密な協力のおかげで事前キャンプを実施できることになり、心より御礼申し上げます。選手たちは、皆様が私たちのためにご尽力いただいたことに感謝しており、訪日を心待ちにしております。」

【原文】

Team GB Chef de Mission for the Tokyo Olympic Games, Mark England, said: “We are extremely proud and grateful for the ongoing support that we have received from our valued partners in Yokohama, Kawasaki and Keio University in ensuring that we can provide the optimum Preparation Camp for Team GB athletes before they compete at the Tokyo Olympic Games. ”

“The health and safety of the Japanese public and of the athletes and our delegation remains our number one priority and we know that our Preparation Camp partners have gone above and beyond to guarantee the safety of everyone when we arrive in country later this month.”

We will fully comply with all COVID-19 Countermeasures pertaining to the official Games ‘Playbooks’ produced by Tokyo 2020/Japanese government and ‘Host Town Acceptance Manual’ to deliver safe and secure preparation camps in cooperation with the UK.

To safeguard all members of the Team GB and Paralympics GB and the local residents in Japan, we will fully comply with COVID-19 Countermeasures upon the official Games ‘Playbooks’ (IOC, IPC, Tokyo 2020) and ‘Host Town Acceptance Manual’ (Cabinet Secretariat) as follows;

① Measures upon entry into and departure from Japan imposed on the delegation

  • All delegates need to self-isolate 14 days prior to the departure and have five COVID tests in total. They must obtain negative test certificate and submit it to the Quarantine Officer and/or at immigration control when they arrive in Japan.
  • All delegates need to do 14 days of health monitoring prior to departure and submit the record.
  • All delegates need to complete COVID-19 testing on arrival of the airport. (They will wait at the designated waiting area to get their test results).

② Measures during the Preparation Camps

a. Screening Test – All delegates who stay at camp sites will complete screening tests every day during their preparation camps.

b. Behavioral Management of the delegation – All delegates are restricted to travel only between their accommodation venues and their business destinations such as training venues.

c. Measures to avoid contact with the local residents – All delegates will use dedicated Games vehicles and do not use public transport. Any floors with Teamsʼ rooms booked will be blocked and separate flows to avoid contact with other hotel guests. The delegation also use their private dining room

③ Measures for Host Town staff

All staff members, who engage the preparation camps, in local governments, accommodation venues and training venues at Host Towns will be vaccinated (optional) and do 14 days of health monitoring including taking daily body temperatures. Also, they will have regular screening tests, depending on how close they get.
Ends

ParalympicsGB Chef de Mission for the Tokyo Paralympic Games, Penny Briscoe, said: “We have been working closely and collaboratively with our partners in Yokohama, Kawasaki and Keio University to ensure that we can deliver successful Preparation facilities for our athletes. There has been a lot of planning across our teams in the UK and in Japan to prioritise the safety of our delegation and the health and safety of the Japanese public.”

“We will go beyond the measures outlined in the playbooks in a number of areas including testing to deliver a safe environment for the team. We are very grateful to our Japanese partners for working so closely with us to achieve this and our athletes are very aware of how hard everyone is working on their behalf and are looking forward to arriving in Japan.”