ニュース&イベント

東京2020オリンピック・パラリンピック英国代表チーム 横浜市・川崎市・慶應義塾大学で事前キャンプを開始 ー事前キャンプの概要ー

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた英国代表チームの事前キャンプが、横浜市・川崎市・慶應義塾大学でスタートします。今回の事前キャンプは、英国と横浜市・川崎市・慶應義塾大学の3者が平成28年より数年にわたる調整準備を重ねた結果、実現するものです。

事前キャンプの実施にあたっては、大会組織委員会や国等から示された「プレイブック」等に基づき、英国代表チームと横浜市・川崎市・慶應義塾大学が連携し、事前キャンプ期間中の感染症対策を徹底し、安全・安心な事前キャンプを運営します。

 

<事前キャンプの概要>

【英国代表チーム全体の規模】  約600人(オリンピック)、約200人(パラリンピック)

横浜国際プール(横浜市)

キャンプ期間 令和3年7月12日~8月5日(オリンピックのみ)
人 数    約50人(オリンピック)
競 技    ●水泳  ・競泳 ・アーティスティックスイミング ・飛込(ダイビング)

 

等々力陸上競技場、補助陸上競技場(川崎市)

キャンプ期間 令和3年7月9日~8月2日(オリンピック)
              8月14日~9月2日(パラリンピック)
人 数    約200人(オリンピック)、約100人(パラリンピック)
競 技    【オリンピック】
       ●陸上競技 ●サッカー ●7人制ラグビー
          【パラリンピック】
       ●陸上競技

 

慶應義塾大学日吉キャンパス
 

キャンプ期間 令和3年7月8日~8月7日(オリンピック)、
              8月13日~9月1日(パラリンピック)
人 数    約400人(オリンピック)、約100人(パラリンピック)
競 技    【オリンピック】
       ●アーチェリー ●ボクシング ●柔道 ●ウエイトリフティング ●バドミントン
       ●フェンシング ●ホッケー ●テコンドー ●バスケットボール ●体操
       ●近代五種 ●卓球 ほか
       【パラリンピック】
       ●アーチェリー ●テコンドー ●パワーリフティング ●柔道 ●車いすフェンシング

 

前述の3施設のほか、次の2施設も使用予定です。

横浜カントリークラブ
【利用方法】 一般客が利用していないゴルフコースをランニング
【利用期間】 令和3年7月16日~7月31日(早朝、夕方)
【競技及び人数】 陸上競技(ロード)ほか、約30人

パシフィコ横浜ペデストリアンデッキ
【利用方法】 デッキの一部を市民等との接触がないよう区分し、ジョギングやトレーニングなどの軽い運動
【利用期間】 令和3年7月9日~7月28日(午前のみ)
【競技及び人数】 ボクシング、サッカー、ホッケーほか、約50人

 

※ 7月1日から各施設で順次、英国オリンピック委員会(BOA)スタッフによる事前準備を実施。
※ 複数施設で練習する選手がいるため、各施設の人数は重複していることがあります。
※ 上記の内容は現時点の情報であり、今後、変更となる可能性があります。