ニュース&イベント

1月20日(月)フォーラム「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト~クリエイティブ・ダンディーを迎えて」を横浜で開催しました!

横浜市では、東京2020大会に向け英国代表チームを迎え入れる機運を醸成していくため、様々な分野において英国事前キャンプ・ホストタウンに関連した取組を進めています。

今回、スコットランドの創造産業のキープレイヤーとして活動する「クリエイティブ・ダンディー(Creative Dundee)」から、ディレクターのロリ・アンダーソン氏をお迎えし、また横浜市内外で活躍するクリエーター、オーガナイザーや編集者等のゲストとともに「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト」をテーマにフォーラムを開催しました。

はじめに、ロリ氏からクリエイティブ・ダンディーの取組について紹介していただきました。例えば、市民が選んだ観光スポットを掲載するシティガイドブックの発行やコンペティション形式でプレゼンテーションを行い交流するネットワーキングイベントの開催など、とても興味深い取組が披露されました。また、「創造性はポジティブな触媒になれる」という考えから、特に情報発信、人々をつなぐネットワーキング、他分野との連携(コラボレーション)を柱として事業を実施しているとお話しされました。

続く前半のライトニングトークでは、横浜・日本で行われている類似の創造的活動についてプレゼンテーションが行われました。社会課題を多くの人に身近に感じてもらえるよう、例えば温室効果ガスの削減イメージを表すグラフをアーティストがイラスト等の作品に代えてシェアするプロジェクトや建築家が主導するひとり親家庭に対する居住支援サイトなど、創造性が様々な分野に活かされている取組が紹介されました。

 

後半は会場から寄せられた質問を基にトークが行われました。ロリ氏は、横浜のポテンシャルや都市ビジョンについて、「横浜は人々が創造性について理解し、関与を示していて、ネットワークも構築されている」と評価するとともに、「都市政策のビジョンを定めるには、都市のニーズは何かを見つけ、そのためにどうするべきかを考えなければならない」とお話いただきました。

 

■実施レポートはこちら(外部サイト:アートWEBマガジン「創造都市横浜」)
*Click here to read more (external website, Japanese language only)
http://yokohama-sozokaiwai.jp/special/20247.html
■登壇者プロフィールはこちら(外部サイト:横浜市芸術文化振興財団)
*Click here for more information about the guest speakers (external website, Japanese language only)
https://acy.yafjp.org/news/2019/15575.html