ニュース&イベント

【横浜市】11月5日(火)英国オリンピック委員会(BOA)新CEOアンディ・アンソン氏が林文子横浜市長を訪問されました

11月5日(火)、英国オリンピック委員会(BOA)の最高経営責任者(CEO)に就任したアンディ・アンソン氏が、シャハブ・ウディン法務局長とともに、林文子横浜市長を表敬訪問されました。

アンソン氏は、2019年5月にCEOに任命され、同年11月1日に就任されました。

アンソン新CEOは、英国プレ事前キャンプをはじめとする今までの横浜市の協力に対し深く感謝の意を述べたほか、「チームとしても非常に素晴らしい横浜の施設に感銘を受けている、2020年を充分に整った形で迎えられれば」との言葉をいただきました。

また、11月2日に横浜国際総合競技場で行われたラグビーワールドカップ2019TM決勝戦を観戦され、「素晴らしいスタジアムとホスピタリティに感動した」との事で、東京2020大会に向けても、「ラグビーワールドカップの素晴らしい結果を拝見して、組織としても、サポート体制としても大変感銘を受けたので、次のイベントであるオリンピック・パラリンピックも十分成功すると自信を持っていえる」とも述べました。

林市長からは、「英国代表チームの事前キャンプ地に選ばれたことを光栄に思う。また、選手の皆さまには、市内の子どもたちとの交流機会をいただき、大変ありがたく思っている。今後も、選手の方が気持ちよく実力を出せるように、横浜市で一体となって、心をこめて全力で英国のみなさんをお手伝いさせていただく。」と、英国代表チームへの感謝と期待を伝えました。


(左から)英国大使館ヘファー副部長、ウディン法務局長、アンソンCEO、林市長、西山スポーツ統括室長、石内市民局長

横浜市は、今後も引き続き、2020年にBOAのみなさんが最高のパフォーマンスを発揮できるように、準備を進めていきます。